アクセスカウンター

インターネット広告

Blender/私的MMB計画/Blender2.63/Blender2.64/初音ミクBlenderドラマ化の野望

WILLCOM

CAUTION!!Blender2.67b変更点!!


キオ式 2013モデルBlender公開ページ
操作方法含む・・


 Blender2.63→Blender2.64a変更点をつらつらと・・・


 ※ご注意=画像が正しく表示されない場合や、リンクが正しく表示されない場合は、
 Internet Explorerの更新ボタンを押してください。設定は間違いないのですが
 「Microsoft Expression Web 2 」側での不具合みたいです・・・お手数掛けてすいません・・・


2.67bがリリースされた!
使ってみたが2.67aとそうそう変わらない・・が
設定したControlBoneとTargetBoneの関係性が変更になっている!
前バージョンまでは変更になっても関係性の設定
はそのままだったが、今回書き換えられてしまって
いる!2.5xで作ろうが2.67aで作ろうがこれをけら
れてしまったら再設定しかない!
これをクリアしないと今後の創作活動に支障をきたす!
まとまったら、緊急にHPで紹介します!


 アーマチュア(このバージョンから日本語になっている)

 日々新しい発見がある・・・


            「私的MMB計画」
            Test Animation
               こちら

 

                                  サイト制作・管理者=Oji53 監修=キオ
CAUTION!!

  アーマチュア

 このHPで使い方を紹介してきました。使っていたのは安定版
 Blender2.64aというバージョン。
 2..65.・2.66でも良かったが2.65以前のバージョンで作られた
 もので作業をしていると,絶対ではないがBlennderが落ちる
 というトラブルが何回かあって、安定している2.64aを使用して
 進めてきた。
 現在安定していると言われているBlender2.67a、その後間もなく
 2.67bと矢継ぎ早にバージョンアップしてきた。
 今回最新の2.67bをDLLして試したところ確かに安定はしている
 が、問題があったControlBoneとそれを動かすTargetBoneの関係
 性である。
 これはボーンコンストレインとで設定がなされるが2.67a以前で作った
 キャラクターの設定を継承しないという点があったので修正版として
 このHPで掲載いたします。

 1.
 まずDLLして日本語化してみるとかなり進んでいてまったく日本語で
 使用しても問題なく使える段階まで来ている。こらは助かる!
 未だにに日本語の直接入力は出来ないもののファイルのフォントとか
 も、問題なく読み込んでいるようだ、どこのHPでも未だに英語版で
 解説してるが必要ないように感じる・・と言うか「偉そうに英語出来だゾ」
 的に感じてしまう。(私的感想)この問題をクリアすれば日本語で十分と
 考えます

 2.
 それでは解説に入ります。
 図をご覧ください。2.64aで「Head_Control」を矢印の方向に動かすとそれに伴い
 首を振るように設定してありました。

 
 
 またフロントビューから「R」キーで回転すると首をかしげます。
 

 ボーンコンストレイントの設定
 「Head_Ratate」と「Head」では以下のようになっています。
 


 

 2.67bで設定しようして以下のように設定しました。
 

 ただし、最初に設定した「Copy Rotation」=「回転コピー」
 (ここまで日本語化は進んでいる)
 最初に設定した使用空間が「ローカル空間」でないと立体の頭が
 落ち着かないので、「ローカル空間」とした。
  

 設定を終わらしてControlBoneを操作してみる。
 「Head_control」を矢印の方向へ動かしても回転しない。
 首をかしげてしまった。
 

 逆に「Head_control」を「R」キーで回転させると首をひねる・・?
 これでは困るので何度もboneを消しては再設定・順番を変え再設定
 角度を変えて再設定・・・何度繰り返した事かっ!
 そこで無理に一つの「ControlBone」で制御しなくても良いのでは
 と考えた。とにかく解りにくくならないように考えた。
  

 結論的に図の様なControlBoneの配置とした。
 配置の仕方は、Bone(どこでも良い)を選択して、編集モーでに切り替える
 「Head」のトップから「E」キーでboneを追加するその時「Ctrl」をあ押しながら
 水平に追加します。名前は「Head_control2」とします。
 「Head_control2」を選択して「Head_control」をr追加選択します。
 「Ctrl+P」でオフセットを維持します。
 「Head_control2」を図の位置まで移動させます。
 

 後はボーンコンストレイントの設定です。
 ポーズモードに切り替えて
 「Head_Rotate」を選択して「Head」を追加選択します。
 「Shift+Ctrl+C」で「回転コピー」を選びます。
 次いで、「Head_control2」を選択して「Head」
 「Shift+Ctrl+C」で「回転コピー」を選びます。
 設定内容は図の通りにしてください。
 

 「Head_control」を選択し「Head_Rotate」を追加選択します。
 「Shift+Ctrl+C」で「トラック」を選びます。
 

 ボーンコンストレインとを開き図のようになっていればOKです。
 なっていなければ修正してください。
  

 完成です。
 「Head_control」を矢印の方向へ動かすと首を傾げます。
 「Head_control2」を「R」キーで回転させると首を振ります。
 「私的」にはこの方が解り易いかな?と思って設定しました。
 「Head」にIKを仕込むのも検討しましたが・・・過去あまり良い結果にならなかったので
 やめましたw
 

 以上でBlender2.67bのアーマチュア変更分の修正方法は終わりです。
 また、何かありましたらここで公開していきます。

 またご意見や「こんなあ方法せ回避した」などの情報がありましたらここにお願いします。
 ↓  ↓  ↓
 こちら

  日々新しい発見がある・・・

 Blender2.67b弄り回していると、日々新しい発見がありますねw
 物理演算のクロスプリセットを「Rubber」にすると。
 

 以下のエラー表示が出てプリセット適用ボックスが日本語「ゴム」に・・・
 その他のプリセットは英語のままだが、ちゃんと「Rubber」で動いているのでOKかな・・
 

 オブジェクトデータのシェイプキーが日本語になっていた。
 未だ入力は出来ないものの日本語入力も近い!
 ・・・すると高価な3DCGソフトはどうなるのだろう・・・
 まぁ俺が心配することないかw
 

 Blender2.67b問題点

 「私的MMB計画」動画制作中、アニメーションレンダリングをしているとBlenderが落ちる現象が出ました。
状況はベイクしたレイヤーの他のレイヤーに既に作ってベイクした立体を別レイヤーにリンクして、アニメーションレンダリングをしました。
 すると途中でBlenderが停止しプログラムが落ちるようです。
原因は不明ですが、現在様々な方法で回避のため現象をつき止め、対処法を探しています。
 試しにBlender2.67aを再インストしてみましたが同現象が出ます。

 上記問題解決いたしました。(2013/07/21)
 
GPUレンダリングで解決!
 GPUレンダリンはCPUを使わないでレンダリングする方法です。
 この頃のグラフィックカードの機能は非常に高くなりました。
 しかし積載されているメモリーの限界があり、一部のレンダリングに制限があったりとかするみたいですが
 今回この現象はGPUレンダに設定を変更することで解決しました。
 レンダリングスピードは、約2倍の速さになりました。
 設定方法ですが・・・
 
 まずここをクリックします。
 

 クリックするとメニューがポップアップしますのでユーザー設定を選択します。
 
 
 画面が切り替わります。
 

 左下に「演算デバイス」がありますので「CUDA」を選択します。
 

 「CUDA」を選択すると読み込んでいるグラフィックカードをデバイスとして呼び出してきます。
 

 設定を保存します。
 

 画面を切り替えて終了です。
 

 これで終わりですが、設定によりグラフィックカードと、Blender との相性があるらしいです。
 CUDA は nVidia。OpenCL は AMD/ATiらしいですので気を付けてください。
 




 
 まんま、Twitterです。       

 いつもお世話になっているキオ氏のブログです。

 大体この辺でウロウロしてます( ^ω^)・・・

 日記です。


サイトTOPへ